LIXIL「東京2020大会を契機に、社会に役立つ新たな製品を開発」:ジェンダー平等及び多様性と調和に関するパートナー事例共有会

gender_LIXIL
[広告]

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、2021年5月10日(月)、「ジェンダー平等及び多様性と調和に関するパートナー事例共有会」を開催しました。同イベントは、東京2020大会パートナー各社におけるジェンダー平等や多様性と調和に関する取り組みを、東京2020組織委員会及び全パートナーで共有することにより、東京2020大会、さらにその先のレガシーにつなげていくことを目的としています。

先進的な自社事例についてプレゼンテーションを実施したパートナー7社の中から、今回は株式会社LIXIL(以下、LIXIL)の取り組みを紹介します。

自社の専門性を生かして社会の重要課題にアプローチする

LIXILの事例紹介は「大会会場施設での誰もが使いやすい住宅設備展開」がテーマ。東京2020オリンピック・パラリンピック推進本部長の佐竹葉子さんがプレゼンテーションを行いました。

TOSTEMやINAXなどのブランドで知られるLIXILは、世界で6万人以上の従業員を抱える住宅設備機器・建材メーカー。「世界中の誰もが願う、豊かで快適な住まいの実現」を掲げ、事業を展開しています。その上で、CR(コーポレート・レスポンシビリティ)戦略として、「LIXILの専門性を生かし、事業を展開する地域への関連性や緊急性が高い課題」の中から3つを重点分野として設定されており、その1つとして「多様性の尊重」が位置付けられています。

LIXILの多様性の尊重における取り組みには、「すべての人に働きがいを」「すべての人によい商品を」という2つの目標があります。「すべての人に働きがいを」という目標では、ジェンダー平等を重要課題として捉えており、2021年4月にダイバーシティ&インクルージョン戦略の更新を発表。「取締役及び執行役の50%を女性とする」「全世界の管理職の30%を女性とする」「日本の新卒採用を男女同率とする」という組織横断的な目標が、2030年までの達成を目指す形で設定されました。一方、「すべての人に良い商品を」という目標では、年齢や性別、障がいの有無などに関わらず、すべての人びとの生活を向上させるインクルーシブな製品やサービス、技術、デザインを提供することを、ものづくりの基本として製品の開発が進められています。

東京2020大会では、「『すべての人が自己ベストを目指し(全員が自己ベスト)』、『一人ひとりが互いを認め合い(多様性と調和)』、『そして、未来につなげよう(未来への継承)』を3つの基本コンセプトとし、史上最もイノベーティブで、世界にポジティブな改革をもたらす大会とする」というビジョンのもと、東京2020組織委員会が設定した「アクション&レガシープラン」に基づき、LIXILの方向性と合致する分野に注力。「オリンピアン・パラリンピアンを通じた共生社会の実現」「誰もが安全で快適に生活できる街づくり」「大会観戦やボランティアへの参加人材の育成」「最高水準の商品開発を通しての街づくり」「復興に取り組む姿を世界へ発信」などを進めています。

中でも街づくりは、LIXILの専門性が最大限発揮される取り組みです。「TOKYO2020アクセシビリティ・ガイドライン」に沿う形で、これまでハード面におけるあらゆるサポートが行われました。今回は、競技会場で採用された2つの製品が紹介されました。

プレゼンテーションを行った佐竹葉子さん
プレゼンテーションを行った佐竹葉子さん

大会後も社会に役立つ製品を開発

トイレユニット「withCUBE」は、東京2020大会を契機に生まれた製品です。個室で完結するユニットのため、性別や障がいの有無などにかかわらず、誰もが使用できます。車いす使用者、オストメイト、乳幼児連れ、トランスジェンダー、発達障害のある方に配慮した機能分散PLANの研究を通じて、共生社会の実現を目指しています。会場の一つ、馬事公苑に車いす使用者用withCUBEが設置される予定であり、施工が簡単なことも特長で、数日で取り付けることが可能です。

トヨタ自動車との共同で開発された「モバイルトイレ」は、トヨタの「モビリティ」とLIXILの「トイレ」という互いの事業領域とノウハウを生かした、移動型バリアフリートイレです。外出先に使えるトイレがないと外出自体を控えてしまう傾向にある車いすユーザーに対し、移動するバリアフリートイレを提供することで、誰もが気兼ねなく移動・外出できる共生社会の実現を目指し、完成に至りました。2020年11月にリリースされ、既にサッカーの国内リーグなどでの運用実績があり、東京2020パラリンピック聖火リレーイベント、関連式典、競技などで出展が予定されています。

東京2020組織委員会・田口亜希アスリート委員兼ジェンダー平等推進チームアドバイザーの感想

田口アドバイザーは、「街に使用できる設備がないと人は外出しづらく、社会参加がどんどん遅れてしまう。モバイルトイレの開発には私も関わらせていただきましたが、東京2020大会を劇的に変えるものになるのではないかと期待しています。また、イベントだけでなく災害時にも活用できるはずなので、大会のレガシーとして残っていくでしょう」とコメントしました。

アイデアを形にすることは困難ですが、ダイバーシティへの理解が根底にあり、そこに専門性が加わることで、スピーディに新たな製品やサービスを開発できる。LIXILの事例は、まさに東京2020大会がきっかけとなって未来社会を創造する、レガシーを体現したものでした。

[広告]