ENEOS「大仰なことでなくても、ちょっとした気遣いができる人に」:ジェンダー平等及び多様性と調和に関するパートナー事例共有会

gender_ENEOS
[広告]

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、2021年5月10日(月)、「ジェンダー平等及び多様性と調和に関するパートナー事例共有会」を開催しました。同イベントは、東京2020大会パートナー各社におけるジェンダー平等や多様性と調和に関する取り組みを、東京2020組織委員会及び全パートナーで共有することにより、東京2020大会、さらにその先のレガシーにつなげていくことを目的としています。

先進的な自社事例についてプレゼンテーションを実施したパートナー7社の中から、今回はENEOS株式会社(以下、ENEOS)の取り組みを紹介します。

社員の応援気運を高めるための施策「ENEOSサポーターズ」

ENEOSの事例紹介は「東京2020パラリンピック応援施策『ENEOSサポーターズ』」がテーマ。東京2020オリンピック・パラリンピック推進室長の内田倫義さんがプレゼンテーションを行いました。

東京2020ゴールドパートナー(石油・ガス・水素・電気供給)であるENEOSは、パラリンピック競技を応援する施策において、3つのねらいを掲げています。

1つ目が、東京2020パラリンピックの盛り上げを通じて、多様性が生かされる共生社会の発展に貢献していくこと。

2つ目は、ENEOSグループ社員がパラリンピック及びパラリンピックスポーツを知り、応援することで、障がいのある方をはじめ、多様なバックグラウンドを有する方々(性別・年齢・国籍・文化・性的指向など)に対する理解を深め、身近な人や職場の仲間への思いやり・気遣いの大切さに気づき、社内にダイバーシティ&インクルージョンの輪を広げていくこと。

3つ目は、2021年以降も、互いに認め、誰もが活躍できる職場環境・企業風土を残していくことです。

これらを達成するために、まずはENEOSの社員が楽しみながら多様性と調和に対して取り組むべく、施策としてスタートしたのが「ENEOSサポーターズ」。東京2020パラリンピックを盛り上げるために、社員一人ひとりが自らアクションを起こし、応援機運を高めていくためのプロジェクトです。

プレゼンテーションを行った内田倫義さん
プレゼンテーションを行った内田倫義さん

楽しみながら、多様性への理解を深めていく

ENEOSサポーターズでは、タレント・武井壮さんがサポートリーダーとして、様々な企画で社内を一緒に盛り上げてくれています。コミュニケーションはオンラインが中心。「一日一答」で、パラリンピックについての社員参加型クイズなどが実施されています。クイズに参加した社員にはポイントが貯まり、トークショーへの参加やグッズを獲得できます。他にも、パラリンピックに関する応援イベントへのENEOSブース出展をこれまで約30回実施しており、大会期間中のライブサイトにおいても応援に関するコンテンツを展開する予定です。

これらのイベント以外にも、ハート型の折り紙にアスリートへの応援メッセージを書いて想いを届ける「ENEOSおりがみエール」、1クリックごとに1円がパラリンピックスポーツ支援に活用される「クリック募金」、全国13カ所の事業所近隣にある特別支援学校等と連携し、聖火ランナーとして走る生徒を応援する「東京2020パラリンピック聖火リレー」など、社外も対象にした施策も行っています。おりがみエールは社内外約7,000人が参加、クリック募金は16団体の約660万円支援が実現し、各企画は大会に向けてますます活気づいていくとのことです。

また、「ENEOSサポーターズ』の取り組みに関する、武井壮さんとENEOSの大田勝幸代表取締役社長との対談記事を社員に紹介し、お二人のパラリンピックにかける想いとともに社員に参加を呼びかける力強いメッセージを発信しています。一連の取り組みや社内周知を通じて目指すのは、社員一人ひとりの「新たな気づき」や「価値観の変化」が、互いへの「ちょっとした気遣い」につながり、誰もが生き生きと働くことのできる職場環境です。そのような企業風土を、東京2020パラリンピックを機にレガシーとして残していくことが、ENEOSの目指すところとなっています。

東京2020組織委員会・小谷実可子SD、大日方邦子理事の感想

小谷SD(スポーツディレクター)は、「東京2020大会における活動で大きな収穫の一つだったのが、パラリンピアンとの出会い。この事例共有会にも参加している東京2020組織委員会の田口亜希アスリート委員は生涯で初めて友人となったパラリンピアンで、彼女からいろいろなことを学んでいます。ちょっとした気遣いが個々の視野を広げ、豊かになっていく。それは素晴らしいことだと感じます」と語りました。

大日方理事は、「大仰なことではなくても、ちょっとした気遣いをできるようにしたいという意図、それに向けて楽しみながら取り組む姿勢が印象的でした。『難しく考えない』ことも重要なのだと気づかされます」と、ENEOSへの共感を示しました。

東京2020パラリンピックを通じて社員一人ひとりの思いや考えを変え、それを企業風土へと定着させる。それをユニークな施策で実践していることが、ENEOSの取り組みのポイントであることがわかりました。

[広告]